メタボリックシンドロームとは何か?

「メタボリックシンドローム」 通称「メタボ」
食生活の欧米化に伴い、とても身近な存在になったメタボリックシンドローム

厚生労働省もメタボリックシンドロームを重い症状と捉えて予防を呼びかけています。

しかし、メタボリックシンドロームについて具体的にどんな状態を指し、健康にどのような影響を与えるものかはっきり理解している人は少ないようです。

そのため、知らぬ間にその弊害によって悩まされている人も増えています。
そうならないためにも、まずはメタボリックシンドロームを理解しておきましょう。

メタボリックシンドロームとはどんな状態?

メタボリックシンドロームは内臓脂肪症候群とも呼ばれています。

重度になると命にかかわる病気を引き起こすこともあるキケンな状態です。

具体的にはおなか周りの内臓に脂肪がついてしまっている状態です。

あきらかに太い人はもちろん、見た目は太く見えないのに実はメタボリックシンドロームという人も非常に多いようです。

痩せ型なのになぜかお腹だけはポッコリ…そんな人は要注意です。

腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上

上記は、メタボリックシンドロームの診断基準値です。

上記の基準を超えていてもメタボリックシンドロームではない場合もありますが、基準値を超えている多くの人が、高血圧高血糖などという症状があり、健康状態が非常に危険な状態と言われています。

現在、日本でメタボリックシンドロームと診断された患者は、中年男性2人に1人と言われています。

あなたの周りの男性を思い浮かべてみてください・・・お腹周りポッコリしていませんか?
男性だけではありません。女性のメタボリックシンドロームも非常に増えています。

では、どうしてここまでメタボリックシンドロームの患者が増えてしまっているのでしょうか?

メタボリックシンドロームを防ぐためにもその原因を知っておきましょう。