今注目されているアディポネクチンとは?

アディポネクチンとは、1996年に大阪大学医学部の松澤裕次教授(現住友病院長、内分泌代謝学)が発見した物質。
生活習慣病の一つであるメタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、さらにがんなどの予防や改善に効果があるとして、瞬く間に世界に広がっていきました。
もちろん、医学界でも注目されたのは言うまでもありません。

アディポネクチンは体の脂肪(脂肪細胞)から分泌されるホルモンであり、長寿といわれる人たちに体に多く存在していることがわかっています。
脂肪細胞は食べたものをエネルギーとして蓄えたり、体の体温をコントロールする役割を持っていますが、他にもさまざまな生理活性物質を分泌することが判明しているのです。

では、アディポネクチンを増やすには脂肪を増やせばいいのでしょうか?

それは、「ノー」。
なぜなら、脂肪が増えすぎるとアディポネクチンの分泌量が減ってしまい、さらには悪玉の生理活性物質の分泌量が増えてしまうからです。
これでは健康に悪影響を与えて逆効果となります。
脂肪が少ない痩せすぎの状態もダメで、極端に少ないとアディポネクチンは正常に分泌されません。
あくまでバランスが取れているのが大事なのです。

アディポネクチンの分泌が健康を守る

脂肪は、皮下脂肪内臓脂肪に分けられます。

皮下脂肪は一番落としにくく、最後のエネルギーとして貯蔵されているもの。
内臓周りにつく内臓脂肪は一時的な蓄えなので落ちしやすい脂肪で、肥満体と診断される人の多くがこのタイプです。
脂肪の一つ一つが大きく肥大化していくので、脂肪自体が太っていき、悪玉物質もたくさん分泌されるものとなります。当然、アディポネクチンも減少。
それは、病気を引きおこす可能性が高くなりということでもあります。

肥満状態であっても、アディポネクチンの分泌量が多ければOK。
痩せずにメタボリックシンドロームを予防する事も可能となります。
ですから、アディポネクチンの分泌が少ない低アディポネクチン症候群になっている場合は、なんらかの方法で分泌を促す必要があります。

アディポネクチンを分泌させる物質を摂取するようにすれば、体重は変化しなくても運動したのと同じくらいの効果を得ることができます。
年齢的に難しい、心臓疾患や運動器疾患などで運動ができない…なんて方には、アディポネクチンに気を付けることで生活習慣病を防ぐことが可能となるのです。